« 脂部の真髄。[ブカツ1] | トップページ | 手羽元カレー »

2006年6月27日 (火)

ブカツ後。レストランはやしや[ラーメン2]

 23日のブカツの後、始発で帰宅。そのまま夕方まで寝てしまう。土曜日なのに、休出で仕事…。この時間から会社に行くと、電車では帰れそうもないので、クルマで出る。

案の定、会社を出たのは深夜。起きてから何も食べてないことに気づき、帰宅途中の早稲田通り沿いの開いている店を探す。早稲田通りと明治通りの交差点から早稲田大学側は、有名ラーメン店が多くあり、しかも結構遅くまで開いている。一風堂、えぞ菊(戸塚店)、天下一品などなど。どうせなら入ったことのないところに行ってみよう、ということで、Photo_47 一兆堂に。 とんこつラーメンの店らしい。他の客は1人だけ。券売機でラーメンの券を買う(620円)。Photo_48 出てきたラーメンは、とんこつとしてはオーソドックスで美味しい。が、特徴的というわけではないので、印象に残る、という味ではない。 十分美味しかったですけどね。

 

 さて、明けて25日。実は「日本料理 三平」に行ってから、ひそかに、下の5Fにある洋食レストラン「はやしや」に行こう、と心に決めていたのである。というのも、ものすごく量のあるスペシャルランチがある、という噂を耳にしていたからだ。それは脂部としては確認しなければならない事柄である。と思いながらも、起きたのはやはり夕方。とてもランチには間に合わない時刻。だが、とりあえず行ってみることに。

 エレベータで5Fに。昔のデパートの大食堂にあったような、でかいサンプルケースが二棹。Photo_42 その間に「レストラン はやしや」の入り口がある。これは迷う、などと思いつつ、サンプルケースを見ていると、なにやら不思議な空間があるのに気づく。サンプルケースの左手奥に電気の消えたスペースがあるのだ。

Photo_43 どうやらカラオケBOXもやっていたらしい。現在は営業停止のようだ。新宿のアルタの裏(というか靖国通りに面した)ビルの中に、こんな場末感漂う廃墟のようなスペースが…。

Photo_44 壁に飾られ、そのまま打ち捨てられた中世の騎士のレリーフが、相当に怪しい雰囲気を漂わせている…。さすが三平である。

 さて、気を取り直して、レストラン「はやしや」に入ろう。結局、大盛りの揚げ物はみつからず、しかし、揚げ物から離れられず、ミックスフライ定食(850円、スープ、ライスつき)を注文。

Photo_45

内容は左から、メンチカツ、エビフライ、白身魚フライ。味については、敢えて特に記述しない。

ガッカリ…orz。

 帰り際にサンプルケースのミックスフライ定食を何気なく見ると、

Photo_46 サンプルの方が白身魚フライが1個多い!

 

 やられたよ。三平に。三平に完敗。ど~もスイマセン。

|

« 脂部の真髄。[ブカツ1] | トップページ | 手羽元カレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180466/10694233

この記事へのトラックバック一覧です: ブカツ後。レストランはやしや[ラーメン2]:

« 脂部の真髄。[ブカツ1] | トップページ | 手羽元カレー »