« 品川のお好みソバ[立ち食いソバ9] | トップページ | 噂の「阿佐ヶ谷・クロンボ」に行ってみた。 »

2006年9月28日 (木)

渋谷 大島ラーメン[ラーメン6]

 昨日(27日)は渋谷にメガネの調整に。ずいぶん前になるがメガネをかけたままかがんだら、机の角に左目をぶつけて、それ以来メガネがゆがんだ気がしてしょうがなかったのだ。行ったら、案の定ゆがんでいたので、修正してもらう。閉店間際だったのだが、親切に対応してくれた。感謝。

 で、食事なのだが、一人で食べられるところ、ということで、前に入ろうとしてまだ準備中で入れなかった「大島ラーメン」に。

 新宿の「大島ラーメン・愛(だっけ)」は入ったことがあるのだが、あんまりいい印象ではなかった。たしか、あそこは暖簾分けみたいな店だったハズ。というわけで、こちらは本家であろう、それなら違うであろう、ということで入店。

Photo_96 結構居酒屋的に使っている客が多く、繁盛している。一人なのでカウンターに座るが、入れ違いに出て行った客が座っていたであろうカウンターの飲み食いした皿などが、残ったままで非常に気分が悪い。食べ散らかす、というわけではないが、食べ残しが多い皿が何枚もあって、「食えないなら注文すんじゃねぇよ」という前の客への怒りと「早く片付けろよ、残飯の横で飯なんか食いたかねぇんだよ」という店員への怒りが二重になって、不機嫌になる。見ていると、店の人間は全員、コック帽を被って厨房にいるような格好なのだが、ホールスタッフは東洋系の若者とリストラで職業変えしました、みたいな実直なオヤジの2人だけ。しょうがないよな、それじゃ。というわけで、怒りもじょじょに沈静化の傾向に。しかし、隣の席の残飯が片付かない限り、注文はしない、と心に決め、灰皿を貰いタバコを吸うことしばし。ようやく実直オヤジが片付けを始めたので、しょうゆラーメン(700円)と餃子(350円)を注文する。

Photo_97 しばらくして、しょうゆラーメン到着。見た目はとても美味しそう。とりあえず、シナチクを食べる。太い。タケノコの煮物のようだ。いや、マズくはないです。で、ラーメン。そう、この味、新宿と同じだよ。魚系の出しが強すぎて、臭い。後味に化学調味料のような味が残るのは気のせいか。とにかく、一口スープを飲むと「ウッ」とくる。こりゃイカン、とラー油とコショウを加えるも、化学調味料のような味が口に残る。ヤレヤレと思いながら食べ進むと、途中で小さい柚子の皮を発見。これを噛んだら、俄然、スープが美味しくなる。コレか! 柚子の香りを使うなら、包丁で叩いて入れるとかして初めから香りをたてればいいのに。忙しいからマニュアルの徹底ができていないのか、それとも香りが強すぎるとよろしくない、と思っていたのが、強いどころか香りもしないくらい柚子がどんどん小さくなっていったのか。まったく残念。

Photo_98 餃子は大根おろしとマスタードで食べる「当店人気の」品らしいが、特に新しさは感じない。ただ、値段は安いですよね。

酔っ払いの酒でワケワカらなくなった舌ならいいかもしれないが、普通に食べるところではないですね。失敗でしたね。

というわけで、家に帰ってから、ご飯を炊いて、やにわにカツ丼を作って食べる。もう、美味しくて美味しくて。やっぱりお家が一番いいってことですか。

|

« 品川のお好みソバ[立ち食いソバ9] | トップページ | 噂の「阿佐ヶ谷・クロンボ」に行ってみた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180466/12067756

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷 大島ラーメン[ラーメン6]:

« 品川のお好みソバ[立ち食いソバ9] | トップページ | 噂の「阿佐ヶ谷・クロンボ」に行ってみた。 »